ページタイトル

会社概要

社名 興和錻力印刷株式会社(こうわぶりきいんさつ)
本社・工場 愛知県津島市神守町字中ノ折72‐1
連絡先 TEL:0567-28-5166
FAX:0567-24-4337
創業 1955年(昭和30年)
事業内容 金属印刷および金属容器の製造と販売
代表者 代表取締役社長 池田利恵子
資本金 3,500万円
従業員数 30人(興和製缶㈱含む 平成25年1月現在)
関連会社 興和製缶㈱、㈱コーワ
所属団体 興和錻力印刷㈱:
全日本金属印刷工業協同組合(会員)
東京金属印刷工業協同組合(会員)
全国十八リットル缶工業組合連合会(賛助会員)

興和製缶㈱:
全日本一般缶工業団体連合会(会員)
中部製缶工業協同組合(会員)
取引先
(敬称略)
(順不同)
安藤製罐㈱、中部製罐㈱、九鬼産業㈱、㈱升半茶店、玄々化学工業㈱、日研科学研究所、大日製缶㈱、三国金属工業㈱、側島製缶㈱、金印わさび㈱、㈱都あられ田口本舗、㈱浜乙女 など

興和錻力印刷株式会社 興和製缶株式会社

会社沿革

1955年 愛知県名古屋市西区菊井町にて創業、金属印刷を開始(資本金200万円)
1962年 愛知県津島市神守町に工場を移転し、名古屋市中村区に本社を設置。
資本金を800万円に増資
1964年 金属印刷から製缶の一貫体制確立のため、「興和金属工業株式会社」を設立
1966年 資本金を1,200万円に増資、さらに輪転印刷機を導入
1970年 高速輪転印刷機の導入により、効率を図る。
1974年 「興和金属工業株式会社」を「興和製缶株式会社」に社名変更
1988年 「株式会社コーワ」設立
1997年 資本金を3,500万円に増資
脱臭装置付き高速輪転印刷塗装ラインを導入し、環境保全に寄与
2000年 品質システム「ISO9002」(JCQA-0201)登録認証取得
2003年 品質マネンジメントシステム「ISO9001:2000」認証更新
2006年 工場と本社の相互協力体制確立のため、津島工場に本社機能を移転
高速金属塗装ライン導入
「ISO9001:2004」認証更新
2008年 品質管理体制強化のため、全社員に対し日本規格協会「品質管理検定4級(管理職は3級)」の受験を義務化、全員取得
2009年 「ISO9001:2008」認証更新
2011年 さらなる品質の向上を求め、高速輪転印刷塗装ラインを導入
2012年 「ISO9001:2008」認証更新

ISO9001

社長挨拶

弊社は昭和30年、市場のブリキ印刷のニーズに合わせ、愛知県名古屋市にて創業いたしました。
その後、「興和製缶株式会社」をグループ会社として設置、国内でも数少ない"金属印刷から製缶まで"の一貫体制を敷き、生産をいたしております。そのため、お客様に余分な時間・経費をおかけせず、製品をお届けすることができます。
お客さまの多様なニーズにお応えするために、創業から培ってきた技術に加え、時代に合わせた最新の機械を導入し、品質の向上・小ロットへの対応にも努力いたしております。

2000年には、品質管理に対する国際規格(現在ISO9001:2008)を取得いたしました。以降3年ごとの更新を継続、より品質の高い製品作りの為の管理体制に尽力しています。近年は、社員全員に対して品質管理検定の資格取得を義務づけたことにより、社員相互の良品作りに対する取り組みもますます向上しております。
また、社内での「整理整頓」を徹底することで、良質の製品作りを実現し、同時に工場内での作業者の安全な環境づくりも進めております。

弊社は、社会の一員として地域社会に密着、共存した生産活動を目指して、これからも努力を続けてまいります。

ダミーです